388項目の構造計算

構造計算とは・・・
地震・台風・豪雪など、いわゆる災害が起こった際、住まいにどのような力が加わるかを計算し、その力に住まいが耐えられるかどうかを、詳細に検証するもので、いわば、住まいの災害シミュレーションと呼べるものです。

テクノストラクチャーでは、法律で定められた壁量計算だけでは不十分と考え、より高度で多角的な『立体応力解析』で388項目ものチェックを実施し、構造的に負担のかかるほぼ全ての部位の強度と、住まい全体のバランスを十分に確保できるようにしました。

■耐震性
テクノストラクチャーでは、通常の在来木材では行われない
緻密な388項目(多雪区域は440項目)の構造計算を全棟で実施してます。
住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく耐震等級2以上に対応。
構造計算の項目数は、間取りや階数・建物形状などにより異なる場合がございます。
法や基準の改正等により、項目数が変更になることがおります。
★弊社は全棟耐震等級3級取得★
長 期 優 良 住 宅 のお家でもあります!!

お客様にお渡しする構造計算書により、構造計算の中身がご確認いただけます。

パナソニックが構造計算結果及び構造計算方法について保証することを表します。

お問い合わせ

おすすめ物件 - 物件検索

売地 アクセスランキング!