車内出産、その時。 H30/1/20

こんにちは。興和流通商事株式会社の丸です。

昨日から 大きく取り上げられている JR常磐線の車内でのご出産のニュース。

偶然 お隣に座られていた方の気丈な対応に妊婦さんもどんなに勇気づけられたでしょうか。

実は 何を隠そうこの私も、車内お産の経験者でして。。。。(*''ω''*)

車内は車内でも 自家用車🚙でしたが🍀

妊娠8か月の時に 切迫早産(早産してしまいそうな状況)で緊急入院を体験し 
40週を迎えたところで退院。


「もう生まれてきていいよ~(⋈◍>◡<◍)。✧♡」

と お腹の赤ちゃんに 唱えておりました。

ある朝、陣痛を感じたので 少し自宅で様子をみてから 病院に連れて行ってもらう途中、

急激に陣痛の間隔が短くなり、痛みも絶好調に。。。!!!

まずい!!でもどうして?まだ陣痛が来てから3時間しか経ってないのに~~~💦


私の疑問も おかまいなしで お産はどんどん進みます。

いきんではいけない!!!

主人が病院にかけた電話ごしに聞こえてくるアドバイス

でも もう無理!!!(@_@)


そう。。。 我慢できるものではないのです。

ぐりん!と旋回して 赤ちゃんの頭が出てきたのは 

病院まであと信号一つ、という時でした。



当時 助手席のベビーシートに座っていた2歳の長男が

もだえ苦しむ私を 「ママ おかしいね~(´▽`)」と、ケタケタ笑っていました。

緊急入院した時は まるで今生の別れのように大泣きしていたのに。。。

何はともあれ、お産には色んなドラマがありますね。笑いあり、涙あり、感動あり。

一生 語り継がれる 大切なエピソード。皆さんもお持ちですよね。

写真は とにかく早く生まれてきたかった次男の作品。


新しく生を受けた赤ちゃんが 健やかに成長されますように お祈りいたします🌸


おすすめ物件 - 物件検索

売地 アクセスランキング!