パナソニック耐震工法【テクノストラクチャー工法】

安心して暮らせるこれからの木の住まいです。

住まいは、もっと強く、もっと心地よく進化するべきだ…。


そんな思いで開発されたのが、木造軸組工法に最新のハウジングテクノロジーをハイブリッド(融合)させた住宅工法「テクノストラクチャー」です。

歴史と伝
統に包まれ受け継がれる、人にあたたかな木の住まいの魅力を、最新技術を駆使した高性能ハイブリッド工法が、次の時代へとつなげます。

[強さの理由]木と鉄のハイブリッド工法

テクノストラクチャーでは、金具ひとつにまで細かな仕様を規定しています。
地震や災害にも耐える高強度部材
が、住まいをしっかり支えます。

テクノストラクチャーの実物大住宅による加振試験では、阪神・淡路大地震クラス(震度7相当)の5回の揺れにも構造体に損傷がないことが実証されました。

「テクノビーム」は、木材と鉄骨の組み合わせで構成された複合梁です。
さに加え、安定した品質を保つ先進の「テクノビーム」が、地震や台風に強い新しい木の住まいを支えます。

各構造材の接合部には、オリジナル接合金具を採用。
構造体をガッチリと緊結し、高強度を実現します。

[広さの理由]梁の強さが大空間を支える

2階建住宅では1・2階とも最大2.8m※1、平屋では最大3.8m※1もの天井高が実現でき、広く明るい空間の設計が行えます。さらに、バルコニーも下に柱を出さずに奥行き1.82m(1間)※2のプランにも対応可能です。

※1床下空間、天井懐の設定によって最大寸法は異なります。
※2プランや地域によっては対応できない場合もあります。
※3上階に居室がある場合は最大2.8mです。
※4上階に居室がある場合は最大8mです。
※数字はすべて芯々寸法です。

[信頼性の証明]業界最高レベルの構造計算

間取りや建設地など、住まいが持つ条件は一棟一棟さまざまで、最適なバランスを考えた構造設計が不可欠です。そこで法律で定められた壁量計算だけでは不十分と考え、より高度で多角的な「立体的応力解析」で388項目ものチェックを全棟実施し、お客様に構造計算書および構造計算保証書をお渡ししております。

コンピュータにより、緻密な構造計算・構造解析を、一棟一棟で実施。構造的な不安を解消した信頼の設計を実現する独自のシステムです。

構造計算結果に基づき、住宅一棟一棟毎に邸別生産・品質管理されます。


おすすめ物件 - 物件検索

売地 アクセスランキング!