外観CGパースを学ぼう

こんにちは。設計の野村です。
今回は私の仕事内容についてのご紹介です。

私の仕事の一つがCGパースを作ることです。
CGパースとはいわゆる外観イメージなどの完成予想図です。

こんな感じのやつです。

最近の案件ではこんな風に1棟1棟作られております。

理想は全棟作りたい!

でもこれなかなか難しいです。

大抵の場合、販売用のCGパースはパース屋さんに外注です。
もちろんそれにはコストが掛かります。

建売の場合、何棟か並んだ連棟パース(後程でてきます)のみで
1棟1棟パースが作られているケースはまれだと思います。

ですが、興和流通の場合はパース屋さんに外注せず自社で作っておりますので
(主に私と丸さんで)
その分(完成度はとりあえず置いておいて)
コストを建物にかけられる訳なのです。

完成度はこれからもっと上げたいと思っていますが
ひとまずは分かり易さ重視ということで
今CGパース勉強中です。

ちなみに丸さんは手書きのパースも上手なんです。
OBの方々の中には、丸さんのパースをご覧になった方々もいらっしゃるのではないでしょうか。


今回は今こんなことやっていて
うーん、いまいちだけど
とりあえずこれからもっと上手になりますので
大目に見てね、という言い訳をさせていただきます。



こちらは南柏駅徒歩8分という好立地の
9棟現場の、いくつか建物が並んだパース(連棟パース)を
ご紹介します。

これは半年くらい前に作ったパース


あー恥ずかしい。

なんかのぺっとしてて
おもちゃみたいで
CG丸出し感が半端なく

半年前とはいえ、よくこれで
自分の中で「よし」としたなと
呆れます。

何が悪いのでしょうか?

まず外壁の質感がまるで分かりません。
ただ白っぽいようなとか、グレーっぽいなというのがわかる程度ですね。

空もボヤっとしていて、CGくさいし
車も道路も、とにかくのぺっとしています。
単色で影も光もないのが原因だと思います。

レンダリングの時間も足りないし、構図もいまいち。
もちろん、photoshopの加工もしていません。

そこを改善するべく
修正したのがこちらです。

構図を変えて、外壁の質感が分かるように
レンダリングの時間を変えました。

車の質感も変わるように反射率などを変更して
車の窓ガラスにも空が映り込むように変更しています。

空と道路はCGではなく、写真を加工して当て込み
photoshopにて明るさも調整しています。

ずいぶんと良くなったと思います。



でもなにぶん独学なのでまだまだ
調整の余地ありです。

日々勉強なのだなーと
つくづく思います。

もっと上手になりたいです。

もっと上手になって
より分かり易く、よりキレイなパースをお客様にお届けし、
興和流通の建物を選んでいただけるよう
精進していきます。


今回は非常に真面目な内容でお送りしました。

また続編や、内観パース編も
記述いたしますので
どうぞよろしくお願いします。


おすすめ物件 - 物件検索