久しぶりに地鎮祭に参加しました!R2.08.05

こんにちは、設計の野村です。

今回はタイトルにもある通り、久しぶりに地鎮祭に参加して参りましたので

そのご報告をしたいと思います。

場所は都内某所。

駅前という好立地に木造3階建ての耐火建築物の保育園を建てますよ!!

売却査定依頼

この時はまだ梅雨明けしていなかったので

お天気が心配でしたが

なんとか雨に降られずに済みました。

参列者が揃ったところで

最初の修祓の儀(しゅばつのぎ)です。

祭壇、土地、参列者をお浄めします。



次は降神の儀(こうしんのぎ)です。

神職が神様を祭壇にお迎えします。


次に献饌(けんせん)です。

神様に山、海、野の幸などのお供え物を差し上げます。


またまだ続きますよ。

次は祝詞奏上(のりとそうじょう)です。

神様に工事の安全を祈る祝詞(のりと)を読み上げます。


野村も静かに待ちました。。


次は切麻散米(きりぬささんまい)と言って

工事を行う土地の四隅に神酒、米、塩を撒いて清めます。


かっこいいですね!


そして大事な地鎮の儀(じちんのぎ)、鍬入れの儀(すきいれのぎ)とも言います。


設計者が鎌(かま)、お施主様が鋤(くわ)、施工者が鍬(すき)を持ちます。


「えい、えい、えい」と掛け声を掛けながらそれぞれの動作を3回行います。

設計者の黒部先生です。

気合の入った掛け声いただきました!

お施主様も続きます。

素敵でした!!

続きましては我らが社長の番です。

気合の入った「えい、えい、えい」が聞けるはずです!!!

『(・・・・・・・・・・はっ?????)』


え???


ちょっと待って???

皆、聞こえた?????


あれ?


マスクかな???

マスクのせいだよね???きっと。。。

そして玉串奉奠(たまぐしほうてん)です。

何事もなかったかのように玉串を捧げる社長。。。(笑)


続いて私もやらせていただきました。


そして、撤饌の儀(てっせんのぎ)と昇神の儀(しょうじんのぎ)が終わった後、

神酒拝戴(しんしゅはいたい)、別名直会の儀(なおらいのぎ)で

お神酒を頂き、儀式は無事終了となりました。


さあ、いよいよ工事のスタートになります!!!

無事工事が進み、来年の春にはたくさんの園児をお迎えするべく

この保活経験者野村、少しでも多くの働くママの為

頑張ります!!!!!


新着物件 - 物件検索

おすすめ物件 - 物件検索