衝撃のスケアメを語る!①R3.10.25

こんにちは、今週もスケブロの時間がやってまいりました。

スケート勉強家の野村です。


週末にアメリカ・ラスベガスで行われたスケートアメリカは

絶対王者、世界選手権3連覇、無敗のクワドキングこと

ネイサン・チェンが敗れるなど衝撃とともに幕を閉じました。

本日はスケアメ2021についてお話ししたいと思います。

毎度のことですが、本ブログはスケオタ社員が

個人の独断と偏見によって記述するスケブロとなっており

興和流通商事が一切関与していないことを

ご了承ください。

売却査定依頼

前述したように、ネイサン選手の不調はやはりSPの出遅れに他なりません。

そのSPの曲、ご存知の通り、彼が2018年の平昌オリンピックで

失敗してしまったSPと同じ選曲なんですよね。

今シーズン、再びその「ネメシス」で挑むと聞いた時には

やはりオリンピックの借りはオリンピックでしか返せないと言われているように

あの失敗を今も引きずっていて、その悪夢を上書きしようとしているんだと思いました。


しかしながら、今シーズンの貴重な初戦で

また「ネメシス」で失敗。。

これは悪夢の再来です。

こんなネイサンは見たくない!!



やはり「ネメシス」じゃなくて、「キャラバン」とか

ネイサンは沢山良プロがありますから

変えてもいいんじゃないかな~と思ったりもしています。

ポジティブに捉えれば、厄払いできたみたいな感じで

再出発してほしいところですが、

ネイサン選手、連戦なんですよね~



休憩とブラッシュアップする間もなく次はスケートカナダです。

なんか、この流れ、、、、

バンクーバーオリンピックシーズンの真央ちゃんと重なる~!!!


一方、優勝したヴィンセント選手ですが、

相変わらずジャンプの回転不足やプレロテが気になるところではありますが

素晴らしい演技でしたね!

このイーグルも美しいです。(イーグル大好き)

演技後の喜びよう、

これだからスケオタはやめられないんですよね。



アメリカ男子ののオリンピック3枠は

ネイサン、ヴィンス、ブラウンで決まりでしょう。

あとは団体戦に誰が出場するのか?

もしかしたらSPブラウン、FSヴィンスでネイサン温存って手が濃厚になってきましたね。

そんな推察も面白いですね。

でもって、昌磨~!!!!!!!!

頑張ったよ~!!!

SPのオーボエもFSのボレロも

もうオリンピックシーズンの勝負曲って感じ!!!

シーズン序盤でここまで仕上がっているのにまず一安心。。

ステップもめちゃめちゃランビってました~!!!

(まるでコーチのステファン・ランビエールのようだって意味です。

私が勝手に作りましたけど。。)

そのランビ先生ってば、リンクサイドで一緒に踊っている動画を撮られていました。

私も微笑ましく見させていただきました。

なんて可愛いんだろう♡

きっとNHK杯もランビカメラが回っていますよね、きっと。


そして佐藤駿選手も大会直前にけがをしてしまって

きっと悔いの残る4位になったかもしれませんね。

次戦、期待です。

ちょーーっと、また長くなってしまったので

2回に分けます。

ではまた。


おすすめ物件 - 物件検索