スケカナは安堵と歓喜!R3.11.02

こんにちは、スケブロの時間がやってきました。

スケート勉強家の野村です。

先週末にカナダはバンクーバーで行われました

スケートカナダ2021について今週も語っていきたいと思います。

本ブログはスケオタ社員が会社の許可なく勝手に

スケートについて書き綴るスケブロとなっておりますので

ご注意ください。

売却査定依頼

まずは前回スケートアメリカでまさかの連勝ストップとなった

アメリカのネイサン・チェン選手ですが、、、


強い!強い!!強い!!!

ショート、フリー共に難度を落として(本人比で)の演技でしたが

それでも合計300点超えでの優勝!!!

ファイナル行きを決めましたー!!!

これは絶っ対に大阪に行かねば!!

(今年のグランプリファイナルは大阪で行われます。)

2位のブラウン選手(アメリカ)も安定の美しさ。

ファイナル6人目はブラウン君が捥ぎ取るかもしれませんね!!!


7位になった山本草太選手もいつの間にか大人の演技になっちゃって~

ジュニアの時から見てきたオバチャンは感動。。


そして残念だったのが田中刑事選手~!!!


どうしちゃったんだよ~う!!!

ショートもフリーも曲は良いのに身体が全然ついて行っていない感じ。。。

ショートなんて、エヴァよ?エヴァ!!!

スケオタでアニオタの私にはたまらない一品!!!

全日本観に行くからブラッシュアップ求む!!!

女子の優勝は、もう言うまでもないですね。

ロシアの15歳、カミラ・ワリエワ選手でございます!!!

先日出した自身の世界歴代最高得点を更新しての圧勝!!!

きっとロステレコムにてショート、フリー共に

再度最高得点を更新することでしょう!

ここまで圧勝されると、やはり怪我持ちのトゥルソワに望みが無くなってきそうです。

まさに『絶望』。。。。。

2位は最近PCS爆上がりのエリザベータ・トゥクタミシェワ選手です。

3Aがここまで安定してくると、やはりオリンピック代表3枠に食い込めるかもしれません。


ソチ五輪のメダルを有力視されながらも出場すら叶わなかった

8年越しのオリンピック出場なるか?!


また3位のアリョーナ・コストルナヤ選手ですが、

ショート・フリー共にいまいちなプログラムなのはどうなんでしょう?

qが付いたとはいえ、一時は失ったと思われた3Aをここまで

戻してきたのは凄いけど、体重とともにスケーティングまで失ってしまったのは

明らか。。。

2020年の世界選手権が中止にさえならなければ

世界女王になっていたかもしれないのに。。。

そして復活の三原舞依選手です!!!!

凄いよ!舞依ちゃん!!!

よくここまで戻してきたよ~!!

一時は滑ることもできないほどだったのに

本当素晴らしいです。

アメリカの期待の16歳、アリサ・リウ選手に勝ったのは大きいです!

舞依ちゃんには是非とも全日本の表彰台に立って

坂本選手と共に北京へ行って欲しいです!!!

樋口選手も先日のジャパン・オープンと連戦で3Aを組み込んだのは

嬉しい兆候ですね!

きっと全日本でも跳んでくれるでしょう!

そして悲願のオリンピックへ!!

あ~日本女子の3枠ももう誰が選ばれるか分からないですね!

そして3Aとともに3Lz-3Tの連続ジャンプも決めた河辺選手も

お見事でした~!!!

スケカナは上位選手が皆3Aを跳ぶという

まさに激戦だったわけですね!

そこで成功させたのはきっと大きな収穫があったのではないでしょうか?

きっと次はもっとPCSも上がり、全日本では200点越え行けると思います!


こうなると絶対取りたい全日本のチケット。。

たまアリなんで、男子FS以外はチケット取れると予想してるんですが、、、

問題は日程。。。

何で全日本はいつもクリスマスなんだよ~!!!

ここは家族と要相談ですね。。。

ではまた来週。


おすすめ物件 - 物件検索