子猫のマンデリン病院へ行く!【ニャンとも日記②】R3.11.11

こんにちは、設計の野村です。

生後2か月くらいであろう捨て猫の女の子を保護し、

マンデリンと名づけうちの新しい家族となりました。


とりあえず我が家の先住猫と犬とは隔離し、

ケージに入れていますが、お互いに存在を意識し興味津々です。

本日は早速マンデリンを病院へ連れて行ったお話です。

売却査定依頼

病院で保護した経緯を話し、診察してもらいます。

どうやら猫ウィルス性鼻気管炎にかかっているとのこと。

鼻のズビズビはそれだったんですね。。


目もかなり充血していました。


検査をすると、しっかりノミも居たらしいです・・・

私には見えませんでした。。

(良かった~隔離しておいて、、、)

(あ、福太郎は大丈夫かな、、、、後で電話しておこう。。。)


そして兎にも角にも猫白血病と猫エイズ


こちらの検査をしてもらうため採血、、、、

生まれて初めての激痛に

あり得ないほどの力をふり絞り泣き叫ぶマンデリン。。

可哀相です。。。。

待合室で待っていると、検査結果が出ました。


無事、陰性でした!

良かった~!

ひとまず安心。


ちなみに体重は650グラムです。

小さいね~


飲み薬と目薬を貰い帰宅です。。。

後日すっかり薬が効いて、お鼻のズビズビが良くなりました~

やっぱり美人ちゃんです♡


ちなみに先住猫との接触は2回のワクチンが終わってからにするよう言われたので

ご対面はもうちょっと先になりそうです。

ではまた。


おすすめ物件 - 物件検索