2022世界選手権フィギュアスケートTV観戦後記①R4.03.29

こんにちは、フィギュアウォッチャー野村です。

スケブロファンの皆様待たせ致しました!

会社のブログなんだからせめてハーフハーフにしろと言われておりまして

ここまで我慢してきました!!!

フランスはモンペリエにて行われました世界選手権で、

日本は2014年以来の男女ペア優勝

男子は金銀のメダル!

そしてペアではりくりゅうが銀メダルを獲得し

チームJAPANなんと4個のメダルを獲得するという

快挙を成し遂げました!

世界情勢によってロシアは出場せず、オリンピックの金メダリストは

地元フランスのアイスダンスのパパシゼ組のみではありましたが

素晴らしい(そして清々しい)試合となりました!


売却査定依頼

まずは男子です!

北京オリンピック金メダリストにして絶対王者ネイサン・チェンがWD

(みんな怪我と戦っているんだよね!みんな!!!)


ちょっと見劣りする世界選手権なんじゃないの?


と思われた方!

皆さん、いい意味で期待を裏切られましたね!


今シーズン3人しかSPの100点超えをしていないにもかかわらず


(もちろん、ネイサン、宇野、鍵山ですよ!)

なんと4人が100点超え!

PBも12人が更新するという素晴らしいSP!!!


全米2位にもかかわらずオリンピック出場がかなわなかった


アメリカのイリヤ・マリニン選手が下位Gながら衝撃の100点超えを出し

スーパーサブこと友野一希選手がついについに

悲願の100点超えを達成します!!!

(言ったでしょ?絶対友野君は出場するって!!!)


後半3Aは少し耐えるかたちにはなりましたが4Sはまさに極上の一品である


鍵山選手ももちろん100点超え。


そして宇野選手が美しい。。。。


鳥肌物のオーボエコンチェルト

これ程までに音楽と溶け込んだスケートは

私の中でベストワンと言っていいでしょう。

もちろん宇野選手の自己ベストを更新し

世界歴代3位となる109.63点をたたき出しました!

なんとSP1,2,3位を日本3選手が独占!!!

プレカンでは「まるで日本選手権のようだ」と言われたりしました!

本当凄い!

この愛すべき三兄弟

愛おしさしかないですよね?


このまま独占すれば66年前にアメリカが

表彰台を独占した時以来の

1つの国が表彰台を独占するという快挙だったんですが、、、

FSではやはり友野君がやらかしました~

でも、それでも「ラ・ラ・ランド」のコレオで会場を沸かせてくれましたし、

代打の代打がここまでやれるって

日本男子の層の厚さを物語ります!

友野君、2週連続の試合だったのに

(友野君は急遽出場することになりました)

本当によくやった!!!

アメリカのマリニン選手にも期待していましたが

やはりここにきて若さが出ちゃいましたね~

でもこれからはマリニンの時代って言われるかも?!

それこそ日本の次世代エース鍵山、三浦としのぎを削る

素晴らしいライバル関係になっていくことを期待しています。


そして北京オリンピックで新型コロナ感染により

まさかの棄権となったアメリカのヴィンセント・ジョウ選手が

ついにワールドメダリストに!!!

おめでとう!ヴィンス!!!

そして次世代エースの中心人物

鍵山選手がまたしても4Loに挑戦!!!

きっとミラノまで4年かけて4Loを安定させて

ミラノ五輪では4Lzを投入してくるはずです!!!

そうなってくると

自国開催になるイタリアのダニエル・グラッスル選手や

前述したアメリカのイリヤ・マリニン選手達との

4Lz合戦が見られるかもしれません!!!

今から楽しみで仕方ないですね!

今大会は3Aが鬼門になってしまい

前回大会と同じ銀メダルに。

鍵山君には是非ともヒーローの王道

銀→銀→金コース

(ハーフパイプの平野歩夢選手やドラゴンボールの孫悟空のように)

を歩んでもらいたいので

是非とも来季、埼玉ワールドにて

優勝を勝ちとっていただきたいと思います!!!

そして悲願の金メダルを手にした宇野選手。

やはり5クワドで勝負に出ました。

前半に4Loと鬼門の4Sを持っていき

後半の4Fです!!!

体力勝負の超高難度ボレロを

コーチであるステファン・ランビエールの為に滑る宇野選手。

もう4Sを降りてから涙が止まりません!

後半は号泣!!!

いつも間にか立ち上がって見守る野村!

素晴らしいウィニングコレオシークエンス!!!

クリムキンイーグルからのフィニッシュで

「や”った”-!!!!」

と叫び泣き!


凄かった!


ついにやった!

ついにやり遂げた!!!

ついに

ついに

金メダルに手が届きました!!!

ありがとう昌磨!!!

ありがとうランビ!!!

ありがとうミヤケン(オーボエの振付師)!!!

素晴らしい世界選手権を見せてもらいました。

66年ぶりの表彰台独占とはならなかったけど

そんなことを

「もしかしたら」と望んでしまう

こんな贅沢な時間をくれて

ありがとう!!!


そして小塚崇彦元選手が

金言を申しておりました。

誰々が不在とか関係なく、ちゃんと準備して

ちゃんと出場して、ちゃんと戦って

勝った選手が世界一であると。



素晴らしいですね。


よくぞ言ってくれました!

本当ににそうだと思います。

オリンピックからわずか1カ月で

ピーキングが本当に大変だったと思います。

そんな中でしっかり勝った

宇野選手に世界一の称賛を送ります。


ついでにキス&クライで

最終滑走者である宇野選手に

親子そろって声援を送る

鍵山選手と鍵山コーチにも!

自分の順位が上か下かなんてことよりも

素晴らしい演技に

喝采を送る!

スポーツマンとして

素晴らしいですね。


新着物件 - 物件検索

おすすめ物件 - 物件検索